冬に咲く花は優しく 春を待つ空は高く
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
シマダチ
2005-11-24 Thu 17:34

カラオケver.を聞いたとき、なんてせつないメロディーラインなんだろうと思いました。
でもその中にはこれから先にある不安を打ち消すような暖かい励ましと明るい未来を表すような音が含まれていました。

このメロディーラインを聞いて自分の時間が一気に過去へと戻りました。
そう、自分が学生だったときに。
中学3年。
初めての受験。これからの自分の未来。友達との別れ。
どうしようもない不安に押しつぶされそうになったあのとき。

忘れないから 夏休み みんな騒いで 夜を明かした

そんな思い出が自分を励ましてくれました。

次の春には 離れ離れの 僕たちは 何に出会うの
時が過ぎても ひとりじゃないよと

離れ離れになり、新しいことに出会うことへの不安。
でもどんなに時が過ぎても僕が、私がいるから。

きっと未来は この手の中で 夢のような うたた寝をしてる
また会える日を 笑顔で待とうよ

手の中にある未来はきっと明るいものだから
離れ離れになってもまた会える
だから また会える日を笑顔で待っていようよ

ゴスペラーズ村上てつやさんが夏川りみさんに作った曲、シマダチ。
ひとりじゃない、そう誰かに言ってもらえただけでどんなに安心するか。
シンプルでわかりやすい詞。だからこそ、すごく胸に響きます。
そして、りみさんの歌に込めた想い。
それが心に伝わり心を震わせます。

時が過ぎても ひとりじゃないよと

今、未来に不安を抱えている全ての人に聞いて欲しい。
そう思いました。

スポンサーサイト

別窓 | 音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<オヤジ改造計画 | 冬物語 | さようなら ありがとう>>
この記事のコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2005-11-24 Thu 19:01 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理者の承認待ちです
2005-11-24 Thu 22:06 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 冬物語 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。