冬に咲く花は優しく 春を待つ空は高く
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
冬物語
2005-12-20 Tue 10:30

雪が静かに降り積もる東北のとある町で一つの奇跡が起こりました。
それは、私が『冬物語』に出会えたこと。
『冬物語』は私がゴスペラーズの曲の中で最も大好きで大切にしたい曲です。
「生で聴いてみたい」ずっとそう願っていました。
CDを聞くたびに涙する曲。
生で聴いたらどんな風に思うんだろう。
今年のファンの集いで歌ったと聞いたときは心がざわつきました。
私はいつ出会えるのだろう・・・。
今回のツアーで聞ける?それとももっと先?
毎回ライブに参加できるわけでもないし、もしかしたら今回が最後のライブかもしれない。
既婚者ゆえの悩みがあり不安で不安でしょうがなかったです。

会場に入り席に着いたとき、うっすら目に涙を浮かべてしまいました。
また参加することができた・・・そんな嬉し涙。
「泣いてたら見えないよ」
そう言われました。
ホントにその通り。
泣いたら何も見えない、声も音もボヤける。
今日という日を大切にしたいから泣くのをやめました。

メンバーが登場し、私のテンションは一気にあがりました。
手を叩いてリズムをとったり、体を揺らして踊ったり、バラードではじっくり聴いたりと心と体で全てのことを感じ楽しみました。
次の曲は何かな・・・ワクワクしながら待っていると聞き覚えのあるイントロが・・・。
『冬物語』
私が生で聴きたくてしょうがなかった曲。
とまどいと嬉しさといろいろな気持ちが胸いっぱいに広がってまた涙が溢れそうになりました。
これが最初で最後かもしれない、だから歌と歌う姿を目と心にしっかりと焼き付けたい、そう思ったら涙は自然と引っ込みました。

少し切なくなるのは そばにあなたがいるから
やっと会えたのに すぐそばにいるのに 嬉しさよりもせつなさで胸がいっぱいで

ふいに微笑むその度に 過ぎた痛みを思い出す
あなたが微笑む度に 会えなくて寂しかった気持ちを思い出してしまって

強く抱きしめたいから もっと近くにおいでよ
寂しかったから 会いたかったから だから強く強く抱きしめて欲しい

冬に咲く花は優しく 春を待つ空は高く
奇跡が降る街で 何を願う 誰を想う
雪と共に奇跡が降るこの街で願うことはただ一つ。
ずっとあなたのそばにいたい あなただけを想っていたい

あの日背を向け離れた 二人何を捨てただろう
遥か未来がめぐって 出会うこと信じてたかい
捨てたものは数え切れないほどあった
そしてまた出会うなんて 信じていなかった
ううん 信じないようにしてた

長い長い時の中で 愛が大きく育った
お互いが離れた時間 それは決して短い時間ではなかった
でも長い時の中で愛は確実に大きく大切に育っていったね

遠回りしたから あなたが愛しい
あなたにめぐり逢うまで遠回りしたから その分愛しくて愛しくてたまらない

僕達の冬物語は 何を連れてくるだろう明日も
何を連れてくるの?明るい未来?それとも・・・
でも何がきても不安や迷いはもうないよ

冬に咲く花は優しく 春を待つ空は高く
奇跡が降る町中で 何を願う 誰を想う
あなたを 温もりを 離さない もう二度と
冬も春も
奇跡が降る街で願ったことは決して夢では終わらせない
季節が変わってもあなたを 温もりを 離さない
冬も 春も

 

スポンサーサイト

別窓 | ゴスペラーズ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<心の俳句 | 冬物語 | ゴスペラーズライブin秋田 ~私的感想編~>>
この記事のコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2005-12-20 Tue 20:25 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理者の承認待ちです
2005-12-20 Tue 23:57 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理者の承認待ちです
2005-12-21 Wed 10:21 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理者の承認待ちです
2005-12-21 Wed 11:53 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 冬物語 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。