冬に咲く花は優しく 春を待つ空は高く
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
X’mas Acoustic Night
2005-12-22 Thu 12:39

素敵なご縁に巡り合うことができ・・・と言ってもお見合い話じゃないですよ。
昨日、国際フォーラムで行われたNTTのイベントに参加することができました。
ここであえてお名前は出しませんが、同行させていただき本当にありがとうございました。

会場はB5ホール。
横長の会場で豪華そうな絨毯が敷いてありました。
会場に入る前、
ここで社交ダンスできそうですよね~
なんて話をしていたら
手荷物検査をしているお姉さんがそれを聞いてか笑ってました。
どこまでも私ったら酒井さん体質なんだから。←笑いを取らないと気がすまない人。
席は1番後ろでしたが、狭い会場だったので後ろからでもステージの様子がよく見えました。
さすがにスーツのしわまでは見えませんでしたけどね。(某Aさん談)
では、覚えている限りのことをネタバレしたいと思います。
いつもの如くネタバレっぽいのです。そこのとこ夜露死苦。


曲目
もらい泣き(武部さんピアノソロ)
「僕らの音楽」のテーマソング(武部さんとバンドメンバー)
  今回はアコースティックライブということでピアノ、パーカッション、ギターの3人だけでした。
好きになって良かった(加藤いづみさん)
ああ雪が降る(加藤いづみさん)
The X'mas song(加藤いづみさん&川江美奈子さん)
桜色舞うころ(川江美奈子さん)
ぬくもり(川江美奈子さん)
Promise(ゴスペラーズ&川江美奈子さん)
A Happy New Year(ゴスペラーズ)
The Christmas(ゴスペラーズ&加藤いづみさん&川江美奈子さん)
アンコール
春よ 来い(武部さんピアノソロ)


ここから先ゴスペラーズネタだけでいいかな?
いいともー!!

衣装
白いシャツに黒スーツ。胸元には赤のポケットハンカチーフ(5人とも一緒)。
ちなみに武部さんは白シャツに黒パンツだったのですが、シャツの襟元にキスマーク(数個)がついているデザインのものでした。シンプルでありながら結構インパクトあり。


MCネタ
キスマーク
武部さんのシャツを見たときの村上さんの一言。
このデザインすごいですねー。一つくらい本物が混ざってるんじゃないですか?
  自分でやったんじゃないですよね?
  でも俺やってみよーかな。唇厚いし。←この辺りちょっと不明。

ぱっとしない中堅
武部さんとゴスペラーズの出会いは「LOVE LOVE あいしてる」でした。
そうそうたるメンバーの中にゴスがいて、ドリカムのLOVE LOVE LOVEのコーラスもやったんだよな~という話から、次に松任谷由実さんの話題に。
(武部さん)確か昔、ここで(国際フォーラム)ユーミンのライブにも参加したよな?
(?)まわりはすごい人たちばかりで・・・
(武部さん)あれっ新人ではなかったよな?
(黒沢さん)はい!ぱっとしない中堅でした。
会場大爆笑。

偽名
川江さんもSCSのご出身で(私は知らなかった)当時の話に。
川江さんは村上さん、黒沢さんと同い年だけど1個先輩にあたるそうです。
もちろんサークルも川江さんが先に入部していて、サークル勧誘時の話になりました。
(川江さん)私がサークル勧誘してたら、目の前を行ったり来たりしている子がいたの。
  それがてっちゃんで。入りたそうにしてるの。
  で、名前を書いてもらったらそれが偽名なの!
俺、昔から「山田ひろし」って書いてるのよ。レストランで待つときの名前とかも。

余談
その1:始まる前、司会者と武部さんのトーク。
「今回、3万通・・・というのは冗談で3千通もの応募があったんですよ。これ言っていいのかどうかわからないけど昨日の一青よりも多かったんですよ」とのこと。
すっげー私も応募した一人だけど。

その2:武部さんはKOE(慶応のアカペラサークル)のメンバーと食事に行ったことがあると北山さんとお話されてました。
「その節はお世話になりました」と北山さんがお辞儀をしていました。

その3:『Promise』をゴスペラーズと川江さんで歌うことになり
「俺、途中でマイク外すから」と村上さん。「5人じゃできないからね~」と(たぶん)黒沢さん。
村上さんがマイクを外したマネをしたときの気の抜けた顔が非常に面白かったです。
実際途中でマイクを外していました。

その4:The Christmasを歌っている時の酒井さん、おかしかったです。面白いとかそういう意味じゃなくて、一言で言うと変。でも一杯ひっかけてきたかっていうテンションでした。
この曲のカウントは酒井さんだったのですが既にこのとき変なテンションだったのでカウントを間違えてしまい、安岡さんは大喜び。
歌の途中で自分の頭をワシャワシャモジャモジャやってるし、おまけにトナカイのマネらしきこともしてました。
観客の煽りかたもおかしくって、私はどうしたらいいのかわかりませんでした。
どうした?酒井さん。



今回、私の席からは北山さんがよく見えませんでした。
村上さんはよく見えたけど。
なんかチラッとこっちを見た気がするのですが、何せサングラスですからねぇ。
うん、たぶん気のせい。
最近、サカイストになりつつあるのかな~と思う今日この頃。
次回は北山さんを要チェックです。
酒井さんの面白ネタに惑わされないぞ!
負けてたまるかっ!←私酒井さん

あっそういえば北山さんの投げキッスはなかったな。
受け止める用意はできてたのに
・・・嘘です。
今度は虫取り網を持っていきます。←捕まえてお持ち帰りするらしい。

スポンサーサイト

別窓 | ゴスレポっぽいもの | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<冬の帰り道 | 冬物語 | 12年目の始まり>>
この記事のコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2005-12-25 Sun 17:12 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理者の承認待ちです
2005-12-25 Sun 21:21 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 冬物語 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。