冬に咲く花は優しく 春を待つ空は高く
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
私の歩む道 No.2
2005-07-17 Sun 12:23
「自分で動くこと」
それが中学時代の私とそれ以降の私との大きな違いでした。
何をするにも人任せにする。
そのことがいい思い出であっても記憶が薄くなってしまっている
原因なのではと思いました。

吹奏楽部はどうしてもやりたかったから自分から動きました。
でも遊びにいくときは人任せ。
ジャニーズが大好き。でも自分で手配せず先輩にチケットを取ってもらっていたし、
どこへ遊びに行くにも計画をたててもらっていました。
そんなのでは記憶にも思い出にも残らないですよね。

記憶に残らないような思い出を作りたくない。
そんなつまらない人生を送りたくない、このまま歳をとっていくのが嫌だ
思って立てたのがこの目標。
「好きなことをやろう、悔いのない人生を送ろう」

幸い私は「ゴスペラーズ」というグループに出会い、自分の趣味を
見つけることができました。
そして、今年目標を達成するため自分から動きました。

スポンサーサイト

別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<私の歩む道 No.3 | 冬物語 | 私の歩む道 No.1>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 冬物語 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。