冬に咲く花は優しく 春を待つ空は高く
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
優しい時間
2005-08-18 Thu 00:13
ひっろし~
さて、私が叫んだ「ひろし」はどのひろしさんでしょう?
1.「ヒロシです・・・」でお馴染みのヒロシさん
2.「らっせら~らっせら~」のかけ声が有名な猫ひろしさん
3.アトラス通信に乗っていたドライバーのひろし君
4.「あぶない刑事」に出演している舘ひろしさん
5.その他
正解は5のその他。
「FWFL」や「Get me on」など怪しい雰囲気をかもしだす歌詞を書いた山田ひろしさんのことです。

昨夜は旦那が飲み会だったため、夜は一人で過ごしました。
ゴスペラーズの音楽を聴きながらゴス絡みのサイトを巡る
この時間が私は大好きです
もちろんCDを聴くのもいいのですが、ゴスの曲をオルゴールver.にアレンジしているサイトがあり、そのオルゴールを聴きながらサイト巡りするのも好きなのです。
ゴスの曲はどんな風にアレンジしても素敵です

で、昨日の夜は先月購入した「Soul Serenade」(通称SS)を聴きながらパソコンをしてました。
SSは先日、帰省中の車の中で初めて聴いて昨日は2度目でした

「裸身」にグッときてしまいました。
字だけみているといやらし~い感じがしますが歌詞を読んでいるとすごく胸にこみあげてくるものがありました。
この歌詞を書いたのが噂の?山田ひろしさんですイエ~イそして作曲は北山陽一さんですヤッホ~イ

サビの部分
『裸身の愛を抱きしめよう
 なにも なにも いらないのに
 それでも きりがないほど君が欲しい
 もっと もっと こんなに 君が欲しい』
上手く言えないけど、どんな言葉を使って表現したらいいのか全然わからないけど、目に涙が溜まってしまいました。
山田さんが綴った言葉と北山さんが奏でた音、そしてゴスペラーズの声が私の波長に合ったのだと思います。

1994年ゴスペラーズがデビューした年、私は高校生でした。
ゴスペラーズの存在なんて全く知りませんでした。
でも、その時出会わなくてよかったと思っています。
彼らの歌う愛の歌が理解できなかったと思うから。
人を好きになり、いろいろなことを想い、たくさんの経験をした今だからこそゴスペラーズが歌う愛の歌が理解でき身に沁みているのでしょう。
2001年「ひとり」が大ブレイクしたとき、私はゴスペラーズと出会いました。
その時に出会えて本当によかったです

しばらくの間、「SS」の世界にはまりそうです。
もうすぐ夏が終わり、秋になりますね。
私の周りに流れている優しい時間が、皆様にも流れますように・・・


スポンサーサイト

別窓 | ゴスペラーズ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<FM NORTH WAVE  No.1 | 冬物語 | 体質改善>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 冬物語 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。