冬に咲く花は優しく 春を待つ空は高く
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
京都 2日目
2005-09-21 Wed 00:46
もう朝から大変でした
慣れない厚化粧・・・ではなくてパーティー用のメイクをし、慣れないドレス、サンダルを履き、全荷物を担ぎ、地下鉄で北山まで行きました。
(ちなみにちょっと重い抹茶プリンは旦那が持ってくれました)
途中駅の上り階段で転びそうになりました。

ドレスアップした後輩達と再会。
あと、中学時代の友達二人とも再会しました。
話し方とか昔のまんまだったけど、やっぱり大人の雰囲気になったな~と思いました。
「U(旧姓)は柔らかい雰囲気になったね~」
「あ~昔はとがってたからね~」
「そういう風に言うところ、変わらないね~(笑)」
あっ私、昔からこんなんだったんだ。
ちょっとは成長したつもりだったんだけどな(泣)

挙式。
新婦入場からすでに泣きそうな私。
そして、讃美歌のときには歌いながら泣いていました。
隣では旦那がずっと写真を撮りまくり。(だってカメラマンだもん)
本当に可愛かったな~Rちゃん。
綺麗というよりも可愛い感じがしました。
フラワーシャワー・・・「M(私)間違っても投げつけるなよ」と旦那に言われました。あらっよくわかったわね?新郎に投げつけようとしてました、私。そんなとき、フラワーシャワーの投げ方をスタッフの方から指示されました。いいタイミングでまた・・・。
新郎新婦が外にでてくるとシャボン玉が空から降ってきたのですが、それがまたすっごく幻想的で綺麗でした

披露宴。
何がすごいってピアノとバイオリンの生演奏ですよ。
新郎の職業が警察官なので「踊る大捜査線」のテーマ曲や「古畑任三郎」のテーマ曲、「太陽にほえろ」のテーマ曲を演奏していてなかなか面白かったです。
そして、食べることに夢中になっていた私の耳に届いてきたのは・・・
「永遠に」と「誓い」
「ゴスペラーズでいい曲ない?」とRちゃんに聞かれ、「あたらしい世界」や「I LOVE YOU BABY」などをおススメしていたのですが、まさか2曲も使ってくれるとは
嬉しい限りです(泣)
私も涙もろいのですが、後輩Aさんは私以上に涙もろいみたいで・・・。
披露宴の間、二人で泣きまくってました。
泣きポイントがいっぱいあったのですが、泣きすぎてあまり覚えていません
Rちゃんがお色直しをするときに、エスコート役を自分のおじいちゃんとおばあちゃんにお願いしたのにはとても感動しました。
Rちゃんの両脇におじいちゃんとおばあちゃんが来て、3人で会場をでていきました。
その姿をみたらもう・・・
もう一つ覚えているのは、新郎のお父さんが最後の挨拶で泣いたこと。
涙声で挨拶しているのを聞いて、私まで泣いてしまいました。
ハプニングもなく、素敵な披露宴でした。

Rちゃん、旦那様といつまでもお幸せにね

そんなこんなで披露宴終了後、即効新幹線で帰りました。
二人とも次の日が仕事だったもので。
でも、近々また京都に遊びに行きたいです。
今度はゆっくりと。



スポンサーサイト

別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<京都 番外編 | 冬物語 | 京都 1日目>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 冬物語 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。